エステの脱毛で効果なしとならないために必要なこと

###Site Name###

美を追い求める多くの女性にとって日頃からの脱毛ケアは欠かせないものです。

半袖やノースリーブ、ミニスカートやショートパンツなどの露出の多いファッションを好んで着用する人はもちろんのこと、スポーツジムなどで水着姿になる機会の多い人にとってもムダ毛の払拭は重要です。しかしこれらのケアをすべて自分の手で済ませるのは一苦労。


手間や時間を効率的に使うためにも、ここはエステなどでプロの手に身体を委ねるのが良いでしょう。


エステで受けられる脱毛施術としては、主にワックス、テープ、抑毛ジェルなどを用いたものから、レーザーやフラッシュといった専用機器を用いるものまで、価格や効果などによって実に様々なものがあります。



ただし、どれもが万人に必ず効果をもたらすというわけではなく、人によってはムダ毛の毛質や肌コンディションなどによって差異が施術結果に差異が生じるケースがありますし、場合によっては効果なしとなることもあるでしょう。

特に注意が必要なのは妊娠中の場合です。

そもそも妊娠中は脱毛による痛みなどで母胎にストレスを与えない方が良いとされていますが、それとはまた別に、ホルモンバランスの関係上、せっかく施術を受けたとしても毛周期にバラつきが起こりやすく、脱毛結果に効果が出にくいと言われています。



さらに肌に黒ずみや日焼け、ほくろやしみなどがある場合にはレーザーやフラッシュ施術で高出力による照射ができないというデメリットもあります。

この場合、黒ずみや日焼けのメラニン色素を刺激しないように低出力にて照射しても満足いくほどの効果が得られない場合が多いので注意が必要です。
どの施術法がベストかはその人によって異なるもの。



まずはエステの初回カウンセリングでアドバイザーからしっかりと状態を確認してもらうことによって、自分にとってのベストが何なのかを一緒に探っていくとよいでしょう。